ワンデーのデメリット

ワンデーのカラコンのデメリットとして、お金がかなりかかってしまうことが挙げられます。基本的にカラコンはワンデー使い捨ての物で1箱30枚入りで数千円という料金がかかります。毎日使用するのであれば、それを毎月2箱購入しなければなりません。ですから、どうしても出費がかかってしまうという点がデメリットと言えるでしょう。

また、使用する上で気を付けなければならないのは、目が乾燥しやすくなるということです。一日中付けているだけで、目が真っ赤になってしまう方もいらっしゃいます。ワンデーの場合は、長時間使用するのは避け、できるだけ短い時間でコンタクトを外し、しっかりと目のケアを行うようにすることをおすすめします。

もちろん、お金がかかってしまうから、もったいないからという理由でワンデーのカラコンを二日以上使用をするのは止めた方が良いでしょう。折角カラコンを付けたのに、自分の目には合ず思いのほか乾燥してしまったり、ゴロゴロしてしまうと感じた時には、できるだけ早めにコンタクトを外すようにするべきです。合わないコンタクトを使用し続けるのは、目にかなりの悪影響を及ぼしてしまうことにもなりかねませんので、気を付けるようにしましょう。