ハイヤーの専属ドライバーは誰でもなれるの?

ハイヤーは公共交通機関である電車やバス、そして似たようなサービスでもあるタクシーとは一線を画して、非常に質の高いサービスを提供してくれる移動手段の一つです。そんな、質の高いサービスを提供してくれるハイヤーですが、どのような人物でも、専属ドライバーとして働くことができるのでしょうか?質の高いサービスを提供するために最も大事な部分は人である専属ドライバーです。従って、誰しもが専属ドライバーとして働けるわけではありません。今回はそんな専属ドライバーに選ばれるための過程についてご紹介します。

企業の役員や海外からの大切なVIP送迎など、一般的なマナーなどよりも更に深い知識や場合によっては、語学力も必要となってくるのが専属ドライバーです。専属ドライバーとして、働くためにはどのような基準があるのでしょうか。大手会社の採用基準としては、まず書類選考にてある程度、採用者が絞られます。書類選考では、今までの経験や年齢などを中心に選考し、書類選考に通った者のみ次の試験に進むことができます。

書類選考通過後は、基本的にはまず第一に車の運転技術が試されます。大事なお客様を安全に目的地まで送り届けるためには、プロとしての運転技術はマスト項目であると言って良いでしょう。また、質の高いサービスを行う為には、当然のことながら接客やコミュニケーション能力が必要となりますので、このような点も面接を通してチェックしていきます。

また、タクシー同様に移動する地域の地理についても詳しく把握しておかなければなりません。ハイヤーを利用されるお客様は基本的には決まった目的地への移動がほとんどですが、イレギュラーなケースとして目的地以外の場所に移動する場合も少なからず発生します。質の高いサービスを提供するにあたって、イレギュラーなケースにも対応できるのかどうかということも採用試験では、試される場合もありますので、地理についても詳しくないといけません。

そんな厳しい基準を通過してきた者だけが、格式の高いハイヤーの専属ドライバーとして、働くことが許されています。従って、ハイヤーの専属ドライバーは、他のサービスとは一線を画して上質なサービスが提供できているのです。また、当然ではありますが、入社してからも更に細かな教育カリキュラムが組まれています。これから専属ドライバーを目指している方はそれなりの決意がないとやっていけないということになりますが、その分やりがいのある仕事であると言えるでしょう。